FANDOM


CODEリョーコ』(原題:Code Lyoko)は、従来のアニメーション技術とCGIを用いたフランスのテレビアニメシリーズである。

概要編集

フランスでの初回放送は2003年9月にフランス3で行われ、アメリカ合衆国での初回放送は2004年4月19日にカートゥーンネットワークのMiguzi枠で行われた。日本では『CODE リョーコ』のタイトルでトゥーン・ディズニー(のちのディズニーXD)で放映された。またこのアニメの他言語版はいくつか制作されており、世界中の国々のうち、80%以上の国々で放送が行われている。

フランスではフランス3とCanal Jで行われている一方、アメリカ合衆国での放送は第4シーズンで止まっているが、再放送はカートゥーンネットワークのビデオ・オンデマンドサービスとカビリオンで見ることができる。第78話はカートゥーンネットワークで放送されなかったが、カビリオンとオーストラリアのカートゥーンネットワークでは放送された。

Antefilmsが第1シーズンの制作を行っていたが、現在はMoonScoop Groupが制作を行っている。なお、ライセンス・配信はタフィ・エンタテインメントが行っている。

このアニメの劇場版制作も検討されたが、共同制作者とのトラブルで遅れている。

2013年1月には続編の『コード・リョーコ・エボリューション』が放送されている。

あらすじ 編集

スーパー・コンピューターの内部に存在する「リョーコ」 という仮想世界がコンピューターウィルス・ザナに支配されている。そしてザナは現実の世界に目を向けた。「リョーコ」の存在を知るジェレミー、ウーリック、オッドそしてユミの4 人の学生たち。彼らはザナの現実世界への攻撃を阻むため、「リョーコ」に住む仮想人型ロボット(バーチャル・ヒューマノイド・クリーチャー)のアイリータと共に、勇敢に戦う。

登場人物 編集

用語 編集

タワー
エリア各地にある筒状の建築物。この中から各エリアにアクセスできる。
エリア
リョーコ上に存在する5つの世界。
スーパーコンピュータ
工場の中にある巨大なコンピュータ。なぜ存在するかは、不明。
実体化
リョーコから現実世界に転送する機能。
ヴァーチャライゼーション
現実世界からリョーコに転送する機能。
ザナモンスター
デジタルの海
各エリアごとの地面の下にある海のようなもの。
ザナの波動
ザナがタワーを起動した際に発生する現象。
ゴースト化
マシン
カルタゴ計画